漁入沢川から漁岳


大二股山林道から漁入沢入渓地点までの道
 国道230号線定山渓トンネルの中山峠側出口から500mほどのところに豊平川上流林道の入り口がある。ゲートは施錠されている。林道は奥まで延びており、漁入沢川の場合、大二股山林道を通ってC725mの橋まで行くことができる。国土地理院の1/2.5万地形図ではこの林道が正確でないので上にGPSのトラックを示しておく。なお、漁入沢川沿いの林道は崩壊していて通行できない。
 C760mの左から滝がある二股の上は函滝になっている。ここを越えると深い釜のために高巻きが必要な滝が次々とある。
 C820m二股は左に入る。その上の滝壺にはまりこんだ巨大な排水コルゲート菅は上流にあった林道が川を横切るときに使われていたものだ。橋を造らないで配水管を使う簡便な林道の渡河は、増水時に崩壊しすることが多い。配水管の入り口が流木で詰まってダムができ、道路の上を川が流れるからだ。この滝の後は滑滝が続いて気持ちがよい。気の抜けない滝もいくつかある。水は澄みきっており岩魚が泳いでいるのがよく見える。
 C1020m二股は両門の滝となっており右を登る。この後は大きな滝は一つだけである。水流がきれて伏流水となる二股は右を取る。
 源頭からの藪は細目の根曲がり竹にハイマツとダケカンバが混じる。頂上左のコルを目指して登る。
inserted by FC2 system